ニキビや赤み・かゆみのお悩みに

専門的な用語は

初めて聞く用語から、難しい用語まで美容・美肌に関するキーワードをご紹介します。

用語集

アスコルピン酸

水溶性のビタミンCのこと。抗酸化作用が主。アンチエイジング(しみ・しわ)として塗り薬や化粧品に配合されている。ニキビには非常に有効。皮脂の酸化を抑え、炎症を抑える。最近では脂分でうまく囲まれた構造を持つ脂溶性のものも販売され、刺激作用がなく皮膚への親和性も高いと言われている。

エラスチン

コラーゲンと同様に皮膚の結合組織に存在する繊維状のたんぱく質。真皮にあってコラーゲンを束ね、バネのように支えて皮膚の弾力とハリを保つ働きをしている。したがってエラスチンが不足するとコラーゲンがバラバラになり、たるみやシミが目立つようになる。

コラーゲン

たんぱく質の一種。本来は人間の体内にあるが、加齢とともに減少することから皮膚の老化が始まる。皮下コラーゲンを注入することによって、シワの溝を埋め、目立たなくすることができる。従来からのコラーゲン注入剤は牛の組織を製品化したものだが、最近では、人の細胞を培養したコラーゲンも開発されている。

トレイチノン

ビタミンAの活性をもつ物質で、その生理活性はビタミンAの約300倍といわれている。皮膚に潤いをもたせ、コラーゲンの再生を促進させるので、傷の治りを早くする。肌に使用することによってホワイトニング化粧品では効果がなかったシミにも有効であるとされる。

ヒアルロン酸

注入用の吸収性人工物。保湿・保水能力をもつ。もともと人間の体内に存在しているムコ多糖類という成分である。加齢とともに減少する。ヒアルロン酸を注入することで、しわやたるみを改善することができる。化粧品の保湿成分としても利用されている。

ボツリヌス菌

毒素をもつ細菌の一種。毒素を加工して医薬品として、わきが治療やアンチエイジング治療に用いられる。

ポラリス

コラーゲンの生成をうながし、シワやタルミに効果的な治療器。即効性があり、施術の痛みが少なく、ダウンタイムもないことが特徴。

メディカルエステ

医学的見地から美容に携わり、医師が管理するクリニックの併設エステ施設のこと。エステで行う脱毛やピーリングがさまざまな問題をおこしているが、こうした危険を回避するために、単にエステ効果を期待するだけの場合でも、専門的な医師の指導により行うことを目的とした施設で受けるエステ。

レスチレン

ヒアルロン酸を主な成分とする最新のしわ取り剤。浸透する真皮層に応じて、ヒアルロン酸の分子の大きさを操作。分子の一番小さいレスチレンファインラインは真皮浅層までのごく表面的な小ジワに、それよりやや深い、真皮中層までのシワの場合はレスチレン、さらに深い真皮層深部に達する本格的なシワの場合はパーレーンといった選択ができる。

Copyright(c) Primeworks All Right Reserved.